【Advanced Custom Fields】値を出力できない時に確認すべきこと


「TOPページなど、テンプレートになっているところも、自分で編集できるようにしたい!」というクライアント様のご要望。

「それでは固定ページに編集できるページを一つ用意しましょう」ということになります。

フィールドタイプを「画像」にして、返り値のフォーマットを「画像URL」にしておけば、下記の指定で簡単に出力できますよ、と多くのサイトで紹介されているので、下記をテンプレートに貼り付け。

<?php the_field(‘フィールド名’); ?>

あれ出ない・・・。画像だけでなく、普通のテキストも出ない。

おっとすぐ忘れちまうぜ、固定ページIDを入れなくては。

管理画面URLが下記のとおりなら、固定ページIDは12345となる。

…/wp-admin/post.php?post=12345&action=edit

<?php the_field(‘フィールド名’, 12345); ?>

めでたし、めでたし。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA